海外で使い勝手がいい?これからのデビット グローバルウォレット!

海外旅行に必須のカードにはご存じのように

  • クレジットカード(後払い)
  • プリペイドカード(前払い)
  • デビットカード(銀行口座から即時引き落とし)

があります。

(デビットカードは預金口座とひもづいているので代金が海外使用でも即時に口座から引き落とされるカードです。)

私は旅に出る時いつも全種類のカードを持って行くことが多いです。

それぞれのカードには一長一短がありますね。

メリットデメリット
クレジットカード支払いが翌月以降なので不正利用に気づいたら利用停止措置がとれる

海外旅行保険付帯のものが多い

限度額いっぱいまで不正使用の可能性あり

年会費が必要な場合も

プリペイドカードあらかじめ入金した金額しか使用できないので不正使用の被害がすくなくて済む

審査不要で気軽に作れる

わざわざ事前に入金する必要あり。カード会社によっては手数料も取られる
デビットカードタッチ決済にも使えることがある

クレジットカードのように(収入など)厳しい審査は必要ない

銀行口座と連動して即引き落としなので不正利用時の被害が大きい

新規で今までとは別にプリペイドカードを作った理由

これまで私はカードの中でもよくプリペイドカードのNEOを使っていました。

しかしNEOは世界のかなりの国で使用できて便利なものの

カードに金属チップはないために

とある国では銀行のATMから現金が引き出せないという不便なことがありました。(._.)

しかも、ネット上で入金する際少々面倒なことも。

Neoが業務委託している収納代行会社(みずほ系)の事情により

画面に「振込はできませんでした」というエラーがでるのに実際はできていたなんてことがあります。

出発直前に入金が確認できないために別の銀行から入金したら後から最初の銀行の方も入金できていたと判明し、

不必要な金額をカードに入れておきたくなかったのでNEO側に

「最初の銀行の入金分を取り消したい」と言ってもできず、

しかもどうしても希望するなら払い戻し手数料500円+税が必要と言われました。

とにかく「業務委託した会社に連絡してください」の一点張りで、とても不愛想な対応。

だからNEOは本当はあまり使いたくないカードでした。

そんな時、JALやANAでもプリペイドカードを発行していると知り

早速申し込んでみました!

どんなカードかご紹介します。

JALのGlobal Wallet

JAL グローバル・ウオレットカードとは2018年11月末から開始されたプリペイドカード。https://www.jal-globalwallet.com/

すでにJALカード(マイレージバンク)で会員番号を持っている人はとても簡単に申込ができます。

特別な審査もなくカードそのものは申込から1週間程度で普通郵便で郵送されてきました。

ただカードが到着するとネット上で初期設定をして使用できるようにしなくてはなりません。

  1. 会員webサイトにアクセス
  2. 仮登録(顧客情報の登録)
  3. ログインして各種パスワードの設定
  4. 利用コースの選択(ショッピング専用orATMも使えるコース)
  5. 本人確認

ショッピングだけでなく海外でATMでの引き出しもしたければ

マイナンバーカード等の身分証明証の写真をアップロードして審査を受けないと使えない、ということもありました。

グローバル・ウォレットの特徴

他社のプリペイドカードと同じく

  • 国内、海外でのショッピングの支払いに使える(Master card)
  • ネット決済に対応(海外で鉄道や高速バスの予約をする際、現地ツアー申込の際にも使えるということ)
  • (コースを選択すれば)海外ATMで現地通貨の引き出し可能(ATM使用料約200円)
  • 審査なしでカード発行

のほか

  • セキュリティー対応が安心
  • カード使用でマイルが貯まる
  • タッチ決済に対応

があります。

メリット1:セキュリティー対応が安心

Webサイトやスマホアプリからカード利用のON/OFFが簡単に行えます!!

これは大変有難い機能!

クレジットカードやNEOカードは紛失盗難の際、

まずその会社に電話連絡してカード利用停止の手続きをしなければなりません。

しかし海外から日本へ電話するのって意外と面倒なのです。( ;∀;)

時差もありますし、24時間対応の場合であってもスマホから直接電話が掛けられない場合や

辺鄙な場所にいて通信状態が悪い時もあります。

それでなくてもいち早くストップしたいと焦っているのに

なかなか連絡をつけられないと不安が増すばかり・・・

でもネット上で即利用停止にできる

まずはそれで安心してからゆっくり対応もできるというもの。!(^^)!

ほかにも不正利用補償年額10万円までICチップ搭載なのでスキミング犯罪の対策もあり!

メリット2:カード使用でマイルが貯まる

ショッピングマイル 200円=1マイル

両替(円→外貨のみ)200円=1マイル が貯まります。

メリット3:手数料がお得!

日本を出発前にチャージをしておきます。(銀行振込、ネットバンキング振込)

銀行への振り込み手数料の他にカード会社へのチャージ手数料が発生することもありますが

JALのグローバル・ウォレットはその必要はありません。

(以前は住信SBI銀行以外からは1件につき200円の手数料がかかったのですが、2019年11月1日からは無料となりました!)

そして嬉しいことに指定の14通貨を使用する際は事前に両替しておくと両替手数料がお得になります。

普通はATM利用時に機械利用料200円相当+両替手数料として4%取られるのですがその4%が0%なのです!

14通貨とは:

米ドル、ユーロ、イギリスポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、マレーシアリンギッド、中国元、台湾ドル、韓国ウォン

(詳しいことはグロバルウォレットのサイトでご確認ください。)

メリット4:タッチ(コンタクトレス)決済に対応

日本ではまだあまり普及していませんが便利なタッチ決済!

ショッピングでサインが不要だったり4桁の暗証番号を入力しなくて済むのはうれしいですね。

海外ではショッピングの際だけでなくロンドンやニューヨークの地下鉄など公共交通機関の運賃を払う際にもクレジットカードのタッチ決済が普及しているので

Mastercardが付帯しているこのカードはとても便利と言えます。

一般のクレジットカードを乗車の度に出したりしまったりして落としたり紛失したりすると

限度額いっぱいまで不正使用される心配がありますが

このグローバルウォレットですと取り合えずの金額しかチャージしていないので

クレカより被害額が少なくて済みますね。(アプリですぐ利用OFFにもできますし)

メリット5:マイルが貯まるキャンペーンが常時開催?

「jal global wallet」の画像検索結果

入会時にマイルがもらえたり、期間限定で両替マイルが4倍になったり

空港や免税店で優遇があったり、ショッピングで還元サービスがあるなど

いろいろキャンペーンを行っているのも他社ではあまりないことだと思います。https://www.jal-globalwallet.com/campaign/


いかがでしたか?

海外は日本よりタッチ決済が普及しています。

タッチ(コンタクトレス)決済に対応していて紛失盗難の際にも被害を最小限に抑えられる

このプリペイドカードはかなり使えると思います。

両替するだけでJALのマイルも貯まりますしね。!(^^)!

ただ一つデメリットがあるとしたら飛行機や船舶内では使えないことでしょうか。

次回の旅からはこのカードを利用することにしまーす^^。

 

 

 

0